トップ

健康に左右する大事な靴選び

足は第二の心臓と言われています。歩くことが健康に良いことはいうまでもありません。歩くことで血液の流れを促進し、組織を活性化しています。また身体を支えるという大事な役目は、想像以上の足に負担がかかり、腰痛、や頭痛、内蔵疾患の原因ともなっています。このように健康に大きく影響する、足の靴選びは、おろそかにできません。女性に多い外反母趾など、ヒールが高いものや、つま先が細すぎる窮屈な靴は、影響が大きいようです。いつも元気に歩けるように、大切なことは、足へ負荷がかからず自分の足に合った、歩きよいものを選ぶことです。

重要性

体に良い正しい靴選び

靴は足、そして体全体の健康に大きく関わっています。特に女性はファッションの観点から好きなデザインで選びがちです。足に合わないものを履き続けると、さまざまな体の変調を起こすことになりかねません。足裏のアーチが崩れてしまうと外反母趾や足の冷えやむくみ、乾燥などいろいろなトラブルが起こる場合があります。健康には足裏のアーチがしっかりしていることが大切です。足裏のアーチがしっかりすることによって、それらのトラブルを解消することが出来ます。足に合わない靴は、足裏のアーチを崩す原因です。デザインだけでなく、自分の足の形に合うものを選ぶことが重要です。

健康的な靴選びの情報

新着情報